スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔法少女まどか☆マギカ』#11#12


全ての魔女を生まれる前に消し去りたい──まどかが願った奇跡は世界のルールを、宇宙そのものを再編する事。希望を振りまいた結果、絶望を撒き散らすこの世界そのものをやり直しちゃったわけで、そうすることでようやくまどかと出会い、ワルプルギスの夜で終わる永遠の1ヶ月の呪いからほむらは解放される事にもなった。法則を捻じ曲げた以上、魔女化するまどか自身も存在できず、未来永劫魔女を滅ぼす概念に成り果ててほむら以外の人々の記憶から痕跡が消える。この結末を見るに、個体としてのまどかを失ったものの、絶賛ループ地獄中であったほむらは救われたと解釈するべきなんだろうなぁ。無論、その他多くの魔砲少女も魔女となって呪いを撒く事もなくなった以上、救われているのだろう。たとえ魔女とは違う形で、世界の歪みは発生しているが。1クール通して、奇跡を叶えるとはなんなのか。そして希望を願った自分自身を信じて、という事を描かれていた作品なんだなぁと、纏めてみる。ちょっと綺麗過ぎるまとめかな。

魔法少女まどか☆マギカ

MORE »

スポンサーサイト

『魔法少女まどか☆マギカ』#10


交わした約束忘れないよ──。全編通してのほむらループ記録ダイジェスト、というか解答編とも言うべき内容。ここにきて三つ編み眼鏡ほむらという狙いすぎヴィジュアルに、どう反応すればよいのやら。なのでそこには触れず、ワルプルギスの夜に着目。基本連戦連敗。しかもほむらLVアップが勝率に影響しないとか、絶望にも程がある。まどほむコンビの時は勝った様に見えるけど、結局まどかは助からない。特に#01アバンへと続く戦いでは、最後に契約したまどかが一撃で沈めて、そのまま魔女化。夢も希望もありゃしない。そんなまどかだったモノに「私の戦場はここじゃない」と背を向けてループするほむらは、本当に単独で勝利できるのか。勝利したとしても、自身の魔女化という時限爆弾を抱えている以上、まどかと平和に暮らすという地点には着地できない。結局自分自身に結末をつけざるおえない。虚淵脚本だと、今回も失敗してループ最終回とか普通にやりそうだな。そして2期? 劇場版? なんて流れなら笑うしかないけど。基本、まどか1人だけ人間として生き残る、というTRUE ENDが今の予想だけど、どうなるやら。とりあえず、ほむらのドジっ娘魔砲少女をもう1回見るか。

魔法少女まどか☆マギカ

『魔法少女まどか☆マギカ』#09


彼女の脱落には大きな意味があったからね…と、QBによる完璧なシナリオは終幕へ向けて絶賛執筆中。QBの中を割ったら、虚淵が出てきそうだよ。その仕掛けだけど、ここで一気に宇宙のエネルギー供給にまで発展。希望と絶望の相転移時に発生するエネルギーを回収するのがQBの役割というか、目的と言うか。そうやって宇宙を守るために、今日も契約を取るQBは宇宙人的なものってことなのか。そんな内容を一生懸命まどかに説明するQBだけど、徹頭徹尾話が噛み合わない。あげく「この宇宙のために死んでくれる気になったら、何時でも声をかけて」と言って去るQBだけど、そんな奇特な人がどこにいるのか。けど、自分自身に価値を見出せないまどかは、なんか契約しそうな気がしなくも無い。ワルプルギスの夜もあるからね。そこでほむらを助けるために契約してその場をしのいでも、次はまどか本人がワルプルギスの夜化する流れだよね。語るまでもないけど、さやかの結末も記述…といっても、QB的に存在しない希望にすがった杏子は、結局さやか道連れの自爆。さやか1人では逝かせないという優しさなんだろうけど、結局ほむらを追い込むだけに。次回もQB先生のシナリオにご期待ください!

魔法少女まどか☆マギカ

『魔法少女まどか☆マギカ』#08


やがて魔女になる君たちのことは、魔砲少女と呼ぶべきだよね──と、当初からの予想がここで確定。勝利したご褒美は借りを作らないために杏子へ渡し、まどかの揚げ足とって当り散らして後で凹み、浄化しろとのほむらの手を拒否り、仁美と上條の2人をデバガメし、電車内でチンピラに絡んだ結果、ソウルジェムが砕け散って現れたグリーフシード。さやかを堕とし尽くしたけど、目的はやっぱりまどかの魔砲少女化。すなわち魔女化がQBの狙いなのか。まどかにキレるQB営業トーク展開に対し、武力介入で無理矢理契約阻止のほむらの能力も時間操作と、ほぼ判明。ワルプルギスの夜への打ち合わせで、杏子に出現予想場所を統計で説明する事から、ほむらは相当回数ループしてる臭い。きっと今回で8回目の放送なんでしょう。後はQB関係を纏めると、実はインキュベーターという名前らしい。単語の意味は保育器、孵化器等。ほむら武力介入で殺されたけど、直ぐに代わりが来て死体を自ら食べるのはご愛嬌。#01でQBを殺そうとしたのは、まどかという才能との出会いそのものを無かった事にしようという魂胆だったのだろう。さ、次回は魔女さやか葬送回と言う事で、よろしいのでしょうか?

魔法少女まどか☆マギカ

『魔法少女まどか☆マギカ』#07


「明日の放課後、(上條君に)告白します」こそ衝撃告白だった仁美の秘密。これが魔女被害の原因? おかげでイヌカレー教会にて新興宗教を広める父を願い、挙句に無理心中で全てを失った杏子の過去と、それを語ることでさやかの間違いを正そうとする優しさが吹っ飛んだ。仁美からのショック、杏子の説得の結果、高笑いで魔女退治。むしろさやかが魔女です。初期の頃から魔砲少女の魔女化は予想されていたけど、青堕落フラグ立った? さて、杏子語では希望と絶望のバランスとうい自説を説いてたけど、一方でほむらがまどかに話した奇跡論は「人の命でさえ贖えない」としており、この差異に注目したい。希望と絶望で±0なら、奇跡を起こす力は何処から出てくるのか。そしてグリーフシードを食べるQBから、やはりソウルジェムの元になっているのかと考えてしまう。グリーフシード⇔ソウルジェム間で発生する穢れや祈り、魔砲少女の命を蓄積して奇跡を起こしているだろうか。最後にQB解説であった痛みをなくす方法を実践したさやかを見て、最近読んだ伊藤計劃の『虐殺帰還』で登場した、痛みは無いが傷を負った感覚はあるってのを思い出した。あの戦闘もグロかったなぁ。

魔法少女まどか☆マギカ

『魔法少女まどか☆マギカ』#06


これは魔砲少女ですか? はい、ゾンビです。ソウルジェムってそのままなのか。QBとの契約は魂→ソウルジェム変換で効率よく魔力運用しつつ、その魔力で肉体操作に強化修復も行う。これがQBなりの魔女と戦って貰う為の気の使い方です。ますます黒さより管理PGっぽくなってきかぁ? 説明をするQBの言葉は通じるのに話が通じないのが、非人間性を強調。この事実は杏子も知らなかったらしく、一触即発だった状況から一転しての空白感。邑子ママの助言より思いっきり間違えたら、致命的なミスのまどか。フォローしたのはやはりほむら。まどかの強行から即座にさやかジェム追跡に向かう辺り、もはや事情通を通り越してます。杏子との交渉で語った、2週間後に来ると言い切った「ワル(ヴァル)プルギスの夜」も含め未来から来た説補強しつつ、更なる返し技もあるかな。#01まどか夢が、その夜っぽいな。ほむら関係以外だと、後は魔女発生原因と穢れきったソウルジェムの行く末とか? 存在するなら、QBの目的もか。まさかグリーフシード食べるのが、QBの目的じゃないよね? 最後にOPがまた変更報告。大人まどかのエフェクトと、そこでの子供まどかの動きも変わったかな。

魔法少女まどか☆マギカ

『魔法少女まどか☆マギカ』#05


食物連鎖の頂点、それが魔砲少女。「後悔なんて、あるわけない」と強がる魔剣少女さやかはやっぱり不安…だって、女の子だもん。ほむらのツンデレのツン部分対応に、これまで通り魔女退治について回るまどかと、そこに当て馬の杏子をけしかけて契約を狙うQBという図式。予想通り、まどかにストレスをかけて来ました。無表情で策を弄するQBだけど、黒幕かぁ? 魔砲少女システム管理PG説をもう少し保持したい。それよりQBが杏子にしたほむらの説明が「QB自体契約したかも良くわからない極めつけのイレギュラー」とか。となると、未来でQBと契約してやり直しを願った?。そういやQB、ほむらだけ名前を呼んでないような。あと、ほむらツン対応時に「死んでしまった人が返ってこない」と言ってたけど、QBに頼んでも無理なのかね。一方魔砲少女バトルでは槍攻撃の杏子に対して、回復力のさやか。契約内容で能力の性質が決まるようで、以前にまどかへの説明と一致。そしてほむら割込みでの配置変更をみると、時間なり空間への関与は確実か。その他本編的には、ダークサイド説流布の恭介が、普通に回復を喜んでたり。今後のさやか死亡に気づかない流れには、まだ期待。

魔法少女まどか☆マギカ

『魔法少女まどか☆マギカ』#04


恭介のことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! な変態プレイに代わり、バイオリニスト死刑宣告されて情緒不安定→恭介八つ当たりコンボを喰らったさやかは、魔剣少女プレイを選択。マミショックから魔砲少女を諦め、一旦はまどさやとお別れしたキュゥべえが病院に都合よく現れたのは計算か偶然? その奇跡の代償を恭介が知り…だとさやかの物語だな。知らない恭介と知らせずに散るさやかの図で、まどかに更にストレスをかける方向? 魔剣少女デビューなまどか救出劇アクションよりも、イヌカレー時空映像演出が凶悪。さすがシャフト&イヌカレー。なんか違う国に来ちゃったみたい。んで魔砲少女の死を語るほむらですが、マミの身辺に詳しかったりまどかの優しさから来るであろう悲劇を指摘したり、毎度の事情通っぷり。一部であるほむらループ疑惑に同調したくは無いけど、現状ほむらの知識の元が分からん。しかし劣等感からか、まどかは実に内罰的だな! そして今回も魔砲少女化せず。もうまどか変身は、#10以降まで焦らしていいよ! 最後に登場した新たな魔砲少女杏子。正直、シリアスな流れから聞こえてきたあいぽんボイスに吹いた。完全に想定外だよ。

魔法少女まどか☆マギカ

『魔法少女まどか☆マギカ』#03


よもや#03でも魔砲少女にならないとはっ! さて、まどかがマミに話す魔砲少女になりたい理由と、そしてこれまで1人で戦ってきたマミが1人ぼっちでなくなる「もう何も怖くない」が蝶・死亡フラグだなと思ったら、本当にそのまま死亡。いよいよちだまりスケッチの本領発揮で、良い流れキター! キュゥべえ共々腹黒予想があちこちでされてたけど、マミは普通に良い娘だったとういうオチ。魔女狩り競争に憑かれていただけなんです! ちなみにマミが殺られるシーンは、寄生獣を彷彿とさせるガブリ演出が怖すぎ。けれどもこれで願いは整ったか。#03フル使用で見せた、さやかと上條(入院中)の繋がりと「恩人になりたいの?」と問うマミの言葉。そしてようやく自分の出来る事とを見つけ、一緒に同じ道を歩んでいくはずだったマミの死。まどかは復活を願いそうだけど、それで復活した場合、互いに重荷になって鬱展開が予測されるわけだが…。そうなると、さやかと上條の関係と同じ流れでダダ被りか。なんか変化つけてくるか? 後、ほむらとマミの会話でまどかに目をつけたのは、魔砲少女として才能を見抜いたからって事らしい。魔砲少女はスカウター標準装備ですか?

魔法少女まどか☆マギカ

『魔法少女まどか☆マギカ』#02


だめだ…もうキュゥべえが真っ黒にしか見えないよ。と言う訳で、キュゥべえ&マミによる魔砲少女と魔女講座。願い事をかなえてあげる代わりに、命がけで魔女と戦えというのが基本骨子。どんな奇跡も起こせるって事だけど、他にも何か代償なり犠牲なり必要な感じか? それより1人暮らしでおもてなしの準備もないはずなのに、即座にケーキをまどかたちに与えるマミの手際こそ魔法じゃね? あと、気になるところでは「願いから生まれて、希望を振りまく」のが魔砲少女で、「呪いから生まれて絶望を撒き散らす」のが魔女との事。後半、マミによる魔女退治では例のイヌカレー時空なんで、凄く説明に説得力があるけど、虚淵脚本というだけで疑ってしまう。魔砲少女スカウトされた2人だけど、命がけの戦いと引き換えにかなえたい願いって何? と語るさやかの心情は、ある意味平和ボケ日本を象徴しているのでは。けれども人を救ったマミの戦いを見て、それを素敵な事と認識しているまどかは、深く考えずに契約しそうだな。というか、よもや#02でもまどかの変身バンクが見られないとは! なのはさん時代から、バンク使わなかったからな~。そして今週も鹿目詢子はかっこよかった!

魔法少女まどか☆マギカ

 | HOME |  »

プロフィール

Mr.K9

Author:Mr.K9
リンク、アンリンクフリー。どちらも気軽にどうぞ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。