スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のラインバレル #19


俺の拳が光って唸る! というわけで浩一vs矢島の戦いは互いの主張による舌戦からマキナ戦に移行し、最後はマキナを飛び出して拳で語らう熱血展開。矢島復活の時はかなりガックリきたけれど、浩一の拳と言葉で目を覚ました矢島が正義という名の「理沙子の為」に戦うことから、浩一と肩を並べて本当の正義の味方へ歩みを進めて行くのだろう。理沙子には「ごめんなさい」されちゃったけど、矢島の未来はこれからだ! というわけで、普通に浩一(JUDA)サイドへの加入を許容するルル山機関もJUDAももう少し人事には気を使えよな。ゲームで遊んでいるようにしか見えなかったルル山久嵩は、ゲームクリアで謎の扉開放。全ての行動は、次元の通路を開いて「あちら」からの本隊を呼び寄せる風味な事になりつつあるようですが、ルル山のやり方や森次の発言は含みがあるようにしか見えないわけで、本隊を招き入れて完全世界征服するだけではないのは間違いなさそうなんだけど、そこは「想像せよっ!」って事なのか。どれほど想像の翼をはためかせても、美海が浩一のハートをゲットするENDは想像できませんです、はい。

鉄のラインバレル
スポンサーサイト

宇宙をかける少女 #06


毎回テーマの違うエロスを表現する作品ですが、今回は全力全壊の尻アニメ。なんだこれ。個人的にはほのかさんを押します。高嶺ぶら下げMプレイもあり、そっちの需要は大満足では。ドラマ的には誘拐されていたはずの桜がお菓子で釣られただけとか、風音様は枯葉とレオパルドのパーツ集めを確認済みだったとか、ダンボールかぶったネルヴァルの僕とか、アレイダはほのかもぶっちぎりのツワモノだったりとか色々あったけど、もっぱら注目は本編以外ですな。尻だけでもお腹いっぱいなのに、冒頭から暇つぶしで「ラジオ レオパルド」を放送するレオさんとパルドさんで一発喰らい、ASIMOにしか見えないミスタークロオビの圧倒的な戦闘力に酔いしれ、最後は悪逆皇帝に独裁者のイスは渡さないとばかりにギレン総帥登場でシビレマクリ。どんだけネタに走るんだYO! でも、一番吹いたのはミスタークロオビの、悪魔らしく炎に包まれて「友達になりましょう」攻撃。クロオビを演じる小野Dへの演技指導は、やはり風音様(cv田村ゆかり)が直接行ったんでしょうか。そこが一番気になります。ところで、ミスタークロオビならアレイダに勝てるんじゃ? ってのは言っちゃいけないよね。

宇宙をかける少女

WHITE ALBUM #06


恋する乙女、美咲先輩当番回。相談事電話から自宅前張り込み、さらに冬弥に向かって倒れてみて心配なんぞされて気を使われて、好きな男の子のベッドを堪能しながら狸寝入り。美咲先輩、やりすぎです。というか、バッチコーイ状態の狸寝入り美咲先輩を前にしても冷静にイメージチェックをする冬弥は、正直男として不能なんじゃないかと疑ってしまいます。あれだけフラグ立てまくり人生なのにどうよ? と思いつつ、けれども手を出さないからのフラグ確保なのでしょう。ほんと、この手の作品の主人公は誰にでも優しいですね。美咲さん大ピンチ状態なのですが、冬弥とキャッキャウフフで実は満足? なんか本当に困っているのか疑問に感じるというか、むしろ悩みは由綺の存在だけしかないんじゃないのかと問い詰めたいです。他方、由綺にせよ理奈にせよ冬弥とすれ違い。すれ違い演出は本作品におけるキモなんですが、どうにも最近は特定ヒロインの当番回を都合よく作り出すための方便なのでは? と穿った見方もしてしまいます。おかげですれ違い演出も過剰気味。どこまで追求するのやら。今現在の楽しみは、弥生さんのダークサイドなのは間違いない。

WHITE ALBUM

 | HOME | 

プロフィール

Mr.K9

Author:Mr.K9
リンク、アンリンクフリー。どちらも気軽にどうぞ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。