スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週間ネットラジオレビュー(08/23~08/29)

■月曜日
真・ティアーズ・トゥ・ティアラジオ
 スウェーデンといわれて、即座に「老後の保障が厚い」が出てくるあたり、堅実な人だなぁと改めて後藤さんを認識します。
ねぶら
 34、5歳の熟女合コンと言われて過剰に反応する後藤さん。さすが29歳も6回目となると、そういうのが気になるのは良くわかります。トークではまたもF1ネタ。時空のゆがみで最近あったF1はまだ見てないようですが、マッサの1件とかを熱く語ります。いやー実に良いF1ラジオですね。

■水曜日
さくらテイルらじお
 ついに最終回! なのに宣伝対象であるゲームは発売延期というしまらないオチが付きましたね。できれば復活して、またS音様のちゃんとしたパーソナリティぶりが聞きたいですよ!

■木曜日
ほめられてのびるらじおPP
 ほめらじ百人一首は今回で一回り。欠番をこれから集めるわけですが、公式Siteにはなんにも掲載されていません。欠番ナンバーぐらいのっけて欲しいと、マジ思います。こういうところは徹底して手抜きするんだよなーほめらじって。

■金曜日
みなとSTATIONらじお君が主で執事が俺で編』(隔週)
 ついに『真剣で私に恋しなさい!』発売日を迎えました。今回は珍しく2本撮りなので、中の人達はマスターアップしたかどうかすら分かりません。大丈夫! ちゃんと買いましたから。
スポンサーサイト

バスカッシュ! #21


世界陸上で1週間開けたわけですが、その割りにはアクション少な目です。残り話数的に、一気にドラマを進めないと苦しいですからねぇ。なにせ風呂敷は結構広げてちゃいましたからねぇ。ここで更にくぎゅ姫がダンに対してデレがついつい出てしまう状況にニヤニヤ。女装ネタや濡れた服を乾かそうとしたりするのはお約束ですねー。さて、ジャーマネやパーフェクトが色々と裏で手を回しておりますが、やはり彼らの目的は近づいている月とアースダッシュの衝突を回避する事。そのために伝説が必要というのが基本骨子なのか。ジャーマネ氏はダンを利用してエクリップスを伝説とする方策のようです。ダンを本当の伝説の男と想定しつつ、手柄は全部エクリップスが掻っ攫うという作戦ですかね。復活しつつあるルージュが久しぶりに歌っておりましたが、ダンの呼びかけには反応せず。予想通り洗脳されたようです。そんなわけで、風はスカイブルーム王国のエクリップス解散コンサートへと。ところで現在、一番読めないのはミユキの本心。ルージュに嫉妬風の評定した割にはくぎゅ姫を応援したりと、女として何がしたいのかが今ひとつ分かりません。

バスカッシュ!

涼宮ハルヒの憂鬱 #22


休日も撮影日! 全力全壊で蝶・監督っぷりを発揮するハルヒ。イライラMAXだぜーっ! と言いたくなる傍若無人ぶりなのですが、原作を読んでいたときってこんなにイライラしたかなぁ? おそらくイライラする部分はスルッと読み飛ばしていたのでしょう。そもそも2巻以降を読んだ辺りから、基本的にハルヒは1巻で完結している物語であると認識し始めていましたので。それこそ『空の境界』のヒロイン式がラストで幹也の手を掴んだ事で式の物語が完結するように、ハルヒも1巻のラストで終わっているのです。いわばそれ以降の物語は、オタクから搾取するための営業戦略による延命行為でしかありません。ハルヒの小説を買わなかった原因がここにあるのだけれど、んなことはどうでも良いか。本編的にあまり語ることが無いので、ついついハルヒ論というかハルヒを題材にしたマルチメディア展開論になっちゃうんですけどね。あえて語るなら、ついに登場の「ミクルビーム」と自爆して出番が増やされ古泉のリアクションぐらい? 古泉のあの微妙な動きは結構好きですよ? ただ今期新作分は古泉とキョンのBL的サービス描写が過剰すぎてウザいんですけどー。

涼宮ハルヒの憂鬱

プリンセスラバー! #08


いったい何処までがマジで、何処からがギャグなのか配分に悩みますなぁ。ギャグで人は死なないんだけど、#02~#06までの学園ラブコメ展開からはありえなーいです。まさかのハルトマン死亡とは…。現場指揮官は、前回登場時点で怪しさ爆裂だった秘書女なのは捻りが無いというか、捻られても困るというか。さて、一区画丸ごと停電させた上にビル一つ占領した犯人側の目的が「恥をかかせること」とか言われてもなぁ。残り話数からすると、更なる真の目的があるのか? 捕まってるもう1人であるシャルは、犯人側の男との会話でショックを受けたり。「(貧乏人である犯人の事は)想像できないけど、手を出してくれれば」とか、テンプレ的お嬢様発言にやはりテンプレ的犯人回答。これは何かのフラグになるのか? 普通に考えれば、シャル成長フラグなんだけど。一方救出に向かう哲平&シルヴィコンビは、あの足つきバイクで出撃とかいうありえない展開に色々吹いた。ギャグ成分多すぎでシリアスに乗り切れないけれど、奇襲しないと飛び道具に勝てない辺りが変にリアルだよ! シルヴィは他にもライダースーツからの着替え等見所たっぷり。でも、あと1分ない爆弾はどうするのかね。

プリンセスラバー!

CANAAN #08


現在、もっともレビューの筆が重い作品となってしまった作品ですね。問題は先日も書いたように、絡むキャラ数が多いのに背景を描きこまず、今だけを表示しているからなんだけど。今回はハッコーの過去について語られるわけであります。回想シーンで見せる最初の加害と被害はかなりショッキングな描写。ただ、そこからネネライブでの歌やカナンの首絞めと拒絶へ続けるには、端折りすぎも大概にしてくれとさすがに言いたくなってきます。これならライブでノリノリなジョージドライバーをもっと映して欲しいぞっ! そして主人公チームは欲求不満ではない夏目さんで有名なTVドラマの歌を熱唱しつつ、消えた村へと。連れて行きたいという意思はハッコーのものらしいけど、なんで連れて行きたいのかが良くわかりません。みのさん以外で、いままでハッコーに真相を問おうとしたしつこい男はいなかったのかね。道中、白々しいまでにラブラブなマリアとカナンに呆れつつ、次回で盛り上がれるようになって欲しいぜ! ところで、この時点でユンユン再登場の理由が分からんぜよ。ところで共感覚消失って、一時的な物じゃないんですかね? どこかで復活しそうなんですけどー。

CANAAN

週間ネットラジオレビュー(08/16~08/22)

■月曜日
真・ティアーズ・トゥ・ティアラジオ
 青春と問われてバイクと答えるのはゴトゥーザ様の基本ですが、遅くなる改造を否定する気持ちは良くわかります。ところで「ボクサーが滑らないように使うやつ」という表現はどうよ。松脂が即座に出てこないパーソナリティが、少し心配です。
ねぶら
 実写でやっている『こち亀』についてのコメントをしようとして、「選ぶ言葉が見つからない」と言ってる時点でダウトなんじゃないかと。そういえば後藤さんは、実写映画のドラゴンボール応援団に選ばれていましたね。この件についても、いろんな意味でギリギリ発言もありましたが。ホントに平均年齢考えてくださいよ!

■水曜日
さくらテイルらじお
 姫川あいりが今回次回ゲストですが、このラジオはそれにて終了のようです。ゲストのニックネームを決めようとしたら、なぜか「ありんこ」になってしまい、それを喜ぶゲストという図式になったり。それ、大丈夫なのか?

■木曜日
ほめられてのびるらじおPP
 コミケ終了直後回ですが、収録の都合上再来週までコミケの話はできません。Webラジオではよくあることです。今回はコミケで諭吉1枚分のセット商品を販売しましたが、またしてもS音さまは諭吉商売を提唱。でもな、水風船1万円は高すぎるよ。荻さんのアイディア「キスマーク付けてよ」は、いろんな意味でキケンですな。

涼宮ハルヒの憂鬱 #21


そしてクランクインへ。みくる衣装についての提案「プラグスーツとか、ステルス迷彩とか」は、やっぱりキョンの中の人によるアドリブだろうか? とはいえアバンで商店街から帰宅するハルヒ、キョン、みくるの3人が列車に揺られるシーンはもの凄くエヴァチックな映像に見えちゃったので、どこまで台本なのかが気になります。さて、終始笑顔で暴走列車状態のハルヒでありますが、それに引きずられるSOS団の面々は大変ですね。もっぱら約2名が。そんな笑顔全壊ハルヒですが、ロケ地到着直後にみくる飲みかけペットボトルがキョンに渡されそうになった途端に完全防御を行うのは、ニンマリするべきところなのでしょうか。まぁ彼らの苦難の道はこれからが本番。しかし、ミクル伝説放映まで長いなぁ。そんな今回ですが、一番の見所はやはり谷口しかないでしょう。あんなにたくさんしゃべった回があったであろうか。隠れ谷口当番回なのかもしれないです。

涼宮ハルヒの憂鬱

プリンセスラバー! #07


前回のラッキースケベがまるで嘘のようなシリアス展開。だがしかし、ヘイゼルリンクとフィルミッシュ両国の国境付近に、偽装工事で核兵器の貯蔵庫を作るという展開。これは最近ニュースでよく取り上げられる、核拡散話を元にしたのか? にしても映像で出てきた核兵器の数が多すぎで笑える。両国の友好関係を崩すなら、核兵器なんて面倒くさい物を使う必要なんてまったくない気がしますがね。いろんな意味で、突っ込んだら負けかな展開であります。雲の上の陰謀にかぶさってくるのが、シャル誘き出し作戦。哲平を装って有馬ヒルズに誘き出す事自体は悪くないけれど、フロントで哲平が電話に出ていたらとか、哲平が携帯電話をマナーモードにしていなければとか、作戦成功条件がハンパなく綱渡り。哲平に偽装して連絡できるなら、哲平に対しても偽装しないとダメじゃないのか。基本ネタアニメなので、厳密に追求しちゃダメなんだろうけどさ。なんにせよ、これまでスルー気味だった哲平の両親殺害事件にも切り込むっぽいので、次回に期待したい。期待していいよね? と疑ってしまうは、深夜アニメをチェックする人間の性であります。あ! 今週はにょげーがなかったな…。

プリンセスラバー!

CANAAN #07


ゲッサムフィーバーも遠い昔の事ですね、と遠くを見たくなるほどのリャンチー捨てられ回。カナンに救出されるマリアと比べると、あまりの扱い。とはいえカナンとマリアの関係同様、アルファルドを慕うリャンチーの理由がまったく描写されていないので、凄く薄っぺらにしか見えません。背骨がないというか、地に足が付いてないと言うかね…。描きこみ不足はサンタナと夏目の協力体制にもありあり。一旦電話で協力の是非を問いつつ、実は入り口にいてすぐに乗り込むというのはありがちな演出。それ自体は悪くは無いのだが、シーン演出とかキャラとかがとにかく「かっこいい」と作り手が信じているものを羅列して視聴者に見せ付けているだけの、自慰アニメにしかなっていません。サンタナの過去もそうだけど、そもそも夏目の所属や目的、カナンとの関係についてもいっさい言及していないわけで、そんな状況で折り返しの#07。俺がかっこいいものを並べれば、かっこいい作品が出来ると勘違いしているB級C級作家による小説を読んでいる気分ですな。そんな作品が多いのも事実ですが。好意的解釈するなら、おそらく群像劇的なのをしたいんだろうけど、キャラを絞るか2クールにしてよ!

CANAAN

週間ネットラジオレビュー(08/09~08/15)

■月曜日
真・ティアーズ・トゥ・ティアラジオ
 製作サイドゲスト2回目。登場ゲストにのじてつがいて吹いた。流れからまこっつ大好き名塚佳織の名前が出てきたが、まこっつと名塚の関係について「そんなに関係作れてないから」と突っ込みを受けるまこっつは、らしいなぁ。次回ゲストは誰だ?
ねぶら
 天国ウィークですが、13分設けられているにもかかわらず2通しか読めない『ねぶら』クオリティ発動。基本、荻さんとゴトゥーザ様のトークを楽しむ番組なので、それでまったく問題ないんですけど。聞き始めた頃は、むしろゲストが出ると「邪魔」だとマジ、思ってました。酷いリスナーだな、俺。

■水曜日
さくらテイルらじお
 桜川未央(おうかわみお)あらため、桜川(さくらがわ)シュトラッセあらため、エロ川みゃーあらため、桜川(さくらがわ)・テイル・未央さん2回目。さくらがわさんの「ここでもか」は、むしろ予定通り。これから「さくら」と付く作品に出るたびに、新たなるリングネームが創作されていくわけですね、わかります。

■木曜日
ほめられてのびるらじおPP
 「荻さん、声優さんだったんですね」ももはや、定番のネタですね。実質的職業「ラジオパーソナリティー」ですから>荻さん。むしろこの能力を生かして、いろんなアニメ作品に出演する方法を考えたほうが良いのではないかと思わなくも無い。永遠の番組宣伝部長ですね!

■金曜日
みなとSTATIONらじお君が主で執事が俺で編』(隔週)
 互いに遅刻しあうパーソナリティ2人にとって、世の中はうっかりにみちているそうです。ゴトゥーザ様は、例のアニメ作品のために友達から「あれ何時終わるのっ!」と問い詰められたとか。いや、役者に聞いてもねぇ。ところで「『マッハ!』、まこっつ出てたよね」はまこっつの風貌があまりにもアレなので、あまりにも笑えませんっ!

バスカッシュ! #20


総集編の次に、今後へ向けてダンガン号マグネットコーティング話を持ってくるとか、完全にアクション作画陣休養? とはいえ無駄に表情とか描いていたので、どこまで休みになったのやら。今回はどんどん影が薄くなっていったミユキにフューチャー。チームのBFを完全強化するために、以前より挿入されていた子供の頃のミユキと爆発のシーンの現場まで出向き、ミユキの父親の研究データを取得。つか、あの事故って月であったわけじゃなかったのね。ちょっと肩透かし食らったぜ。父親の遺品と再会ですっかりエンジニア魂全壊のせいか、ダンに対して「昼寝でもしてアイドルの夢でも見てなさいよ」の一言。一時期ヤンデレ化するのかとドキドキさせられたあの1カットは、いったいなんだったのだろうか? 強化されたBFを手に入れ、そろそろ月に向かって欲しいのですが、打ち上げ場のスカイブルーム王国ではエクリップス解散コンサートががが。サウザンドによるアイドルレッド改造も完了したし、アローラ姫によりガンツ&ベルコンビが牢から出されたりと、風はスカイブルーム王国へ。さて、1人悩むくぎゅ姫の明日はどっちだ~。ホント、アイスマン抜けても補欠のままだしな!

バスカッシュ!

涼宮ハルヒの憂鬱 #20


やはり時間軸どおり進行するのか。これにて、今期TV放送で『消失』へ至る道は完全に閉ざされたと結論付けても問題ないかと。と言うわけで、個人的にはまったくアニメ化されることを期待していなかった『溜息』がここに開幕。相変わらずの京アニクオリティで製作される映像の完成度は、まさに溜息が出るばかりであるけど、このエピソードの結末があの『朝比奈ミクルの冒険』だと知る前期視聴者からすれば、たんなる焦らしプレイでしかありません。まぁ『溜息』をやらないと、なんでシャミセンがキョンの家にいるのか? とかって部分は語られないわけなんですが、あえて語らなくても良いような気がするけど。まぁ一応見るけどね。

涼宮ハルヒの憂鬱

プリンセスラバー! #06


相変わらず次回予告は「にょげー」押しなのか。たった8回で終わったどこぞのループ作品と違い、最終回まで引っ張って欲しいぜ! というわけで、番外的に温泉サービス回。だがしかし、登場ヒロイン達自ら「不自然に霞が多いわ」と言うほどの見事なガード。いや、ガードは#01から無駄に強烈でしたが、クリアになるであろうDVD版でもこの台詞は入っているのだろうか。一応本物の霧も出ているから、問題ないといいきれなくもないです、はい。そのほか、某カイジネタと思しきりアクションを取る哲平に、冒頭のマジカル騎士マリアちゃんでの板野サーカスモドキと、スタッフやりたい放題だな! これでもう少し不自然な霞が薄ければ、文句の一つも付けようがないんだけど。それにつけても、今回限りであろうゲストキャラの男子2人が濃いですな…。根津のキャラが薄く受け止められるぐらい、濃いです。とてもセレブな学校に通う哲平の学友には見えません。ぜひ再登場してもらいたい。さて、完全に忘れそうになるけれども、一応この温泉で一泊は哲平主催のパーチーなわけですが、これで社交部入部決定は良いのか? でも、哲平が望めば優さんはいつでも脱いでくれるそうです。

プリンセスラバー!

CANAAN #06


なんというリャンチーによるワンマンショー! サブタイトルでもある「LOVE & PIECE」を叫んで気分サイコーの大統領を一気に突き落とす、リャンチー「ゲッサム」爆破。対テロ国際会議での見事なテロでああります。イカガワシイ招待状なのに、マリアを会場取材に差し向けたみのさんを迂闊と言うべきか…。予定通りマリアは人質で、リャンチーに回し蹴りまで喰らって。下手すりゃ首の骨が折れるよ! 傍若無人なリャンチーだが、愛するアルファルドから愛してもらえずに報われませんが、それでも命に従います。そのアルファルドは、かつてシャムより個人の欲望による行動を行うなとの教育を受けていたようだが、あえて欲望を持つことでシャムを完全に乗り越えようとしているのか。これは今回、マリアを失いたくないという理由だけではないと思い始めたカナンの変化にも通じるところかも。シャムの教えを超えた者こそが、この戦いの勝者になるのかもしれない。一方、ハッコーの超音波ボイス攻撃を受けたみのさんは、ニュースをみて、慌てて会議場へジョージタクシーにて移動。だがしかし、密閉空間でUAウィルス撒き散らし作戦は無事発動。なんか、風呂敷が畳めるか心配だよ。

CANAAN

週間ネットラジオレビュー(08/02~08/08)

■月曜日
真・ティアーズ・トゥ・ティアラジオ
 いよいよスタッフがゲストにきたまこラジ。監督とプロデューサーのコンビだが、プロデューサーの強さが光る! TVアニメでありベースはPS3版のはずなのに。キャラクターへのエロさを重要視し、挙句に「PC版はHシーンがあるから」とかって台詞も出ちゃったけど、出してよかったのか? そして今度でるモルガンとスィールの抱き枕にも宣伝がてら言及。なんつーか、モルガンより肌色面積が圧倒的に少ないのに、スィールのがエロくてヤバイなつ! 特に裏面の表情や飛び散った首飾りの真珠、そして開き気味の足の指とかは表面の使用前に対する使用後というか、未使用と使用後とか! なんかラジオの内容じゃないですね。
ねぶら
 ふつおたのコーナーがないこの番組。公式Siteの更新に失敗したらしく、メールフォームから消えたらしい。次回は天国ウィークなのに、メールが少ない罠! …ま、12分あっても3通読むのが限界なのが『ねぶら』クオリティなので、少なくても問題ないような気がしますけどね。

■水曜日
THE IDOLM@STER STATION!!!
 『THEIDOLM@STER RADIO』が終わった翌週から、『THE IDOLM@STER STATION!!!』がスタート。RADIO最終回でワタワタしていたハラミーが、第1回から「ミンゴス先輩」攻撃でドSっぷりを発揮したのは実に笑える。でも、あのワタワタぶりが本来の姿だとすると「先輩」ネタは台本なのかもしれないけど、そこは今後しだいか。キング卒業となったけど、もう少しだけ聞いてみる方向で。
さくらテイルらじお
 今週のゲストはエロ川みゃあさん…いや、桜川シュトラッセさんか。さすがにメーカーが違うので、このネタはありませんでしたけど。次回で良いので、どこかでポロっとでも言ってくれないかな。

■木曜日
ほめられてのびるらじおPP
 今回はコーナーの終わりが早くて、いっぱい時間があるなぁと思ったら、インフォメーションで夏コミ商品の説明を延々と噛みながらしてた。噛むのはやっぱり基本ですよね。次のレスポンスでは、久しぶりにナースと院長が帰ってくるので、期待大。でも、配信するのは早くても次々回ぐらい? そこだと夏コミネタが入りそうだから、数を読めないかもしらない。

■金曜日
プリラジ!
 ちまちまと聞いております、『プリラジ!』~。TVアニメの番宣Webラジオなのに、パーソナリティがOPを歌う橋本みゆきとEDを歌うYOZUKAという変り種ですが、まぁ普通に回せているか? 3~4回のゲストは白石稔、5~6回ゲストが松岡由貴。次回は誰が来るのやら。シルヴィ役はラジオの女王豊口めぐみなので、早く登場してほしいっす。

バスカッシュ! #19


なんという総集編。そんなのしている余裕があるように思えないストーリー展開なんですけど。製作スタッフの余裕はどうか知れませんが、そこで泣き言はプロとしてどうかと。規定どおりの総集編なのかもしれないけどさ。そのBパート総集編だが、重視すべき情報の提出もありましたね。これまで深く描かれる事の無かったココの、兄に対する心情はキャラに深みを持たせるに良い部分です。そのココはすでに月にいて、月とアースダッシュの距離が近づいているとの事実を公開。伝説に成れなかった者達(ジェームズ、アイスマン、ココ)による、真の伝説探しこそが月との関係の正常化に繋がるって事なのか。イカヅチの球に、どんな力があるのかはまだ、良くわからんけど。ただ、ダンの能力が全て「伝説だから」で片付けられるのはちょっとイヤかも。Aパートにも触れておくと、今回の試合相手はセラの親父の部下メンバー。ダンとナヴィのフォローを受けて、セラが決めるのは以前の決勝と同じスタイル。より進化したダン&ナヴィのフォローにより、一気にナヴィを怪物呼ばわりしていたセラに微妙にフラグ立った? これで後は。ナヴィがマイクローン化すればオールOKですね!

バスカッシュ!

涼宮ハルヒの憂鬱 #19


京アニ、無茶しやがって…。というわけで、エンドレスエイト8回目。あれ、15532回目に該当するような気がするけど、きっと気のせいですね! それはともかく、ついにループからの脱出、おめでとうございます。DVD収録枚数から偶数で終わると言う点のみは予想が当たったけど、肝心のDVD販売に今回の一件はどのように影響するのかも大変な見ものであります。話題にはなったけど、販売促進には繋がらないような気がしますが、それでも買うのが信者でありファンなのでしょう。わたしゃ買わないけど。さて、ループ脱出にたどり着くまでのキョン精神世界内部苦悩表現は、かなり手に汗握る演出だったのではないかと。そのために15531回の積み重ねがあったわけですね。リアルの我々は7回のみだけど、ただ同じ事を繰り返す事の意味を少しは実感できたのではないだろうか。たった7回で、これだけ話題になる世の中なのですから。残りの新作ですが、全28話説だと5回分。たった5回で消失を纏め切るのか、あるいは時系列順に「溜息」に突入か、はたまたしばらく既存部分を流しつつ、ヒトメボレLOVERや雪山症候群へ進むのか。誰か角川の暴走を止めろ!

涼宮ハルヒの憂鬱

プリンセスラバー! #05


天保山の字が間違っているのは当然ネタですよね? と確認したくなるほど、その他の天保山マーケットプレスの描写が微妙にリアルです。比較したわけじゃないけど、海遊館からサントリーミュージアムへ向かう陸橋とかの見慣れた風景ががが。と言うわけで、哲平&シャルのデート回。だがしかし、あからさまに描かれるフラグと突っ込みどころにデート回どころではないのが本音であります。哲平とデートするにあたり、許婚であるジルヴィに断わりを入れつつも口裏あわせを願い出るあたりは実に天然を装った黒さが光っています。この一件が響いたのか、家族に報告している哲平通信は途切れたりと、剣友だけど気になってるオーラ出しすぎです。母親の死やなんらかの自国の問題などを抱えているようです。一方じいに内緒で哲平と飛行機で大阪デート。飛行機に乗った時点で、じにバレバレじゃね? というわけで、夕日をバックに観覧車でツーショットという絵に描いたようなシチュでシルヴィとシャルの国が昔は中が良かったとか、何のフラグですか? 降りてからも「忘れないで」とか、伏線にもほどがあるんですけどー(指切りもあるよ! さて、次回こそパーチー開催なんでしょうか?

プリンセスラバー!

CANAAN #05


前回壊れてしまった友情は、あっさり1回で回復しちゃいましたね。そのキーマンとなるは、今ひとつポジションの分からなかったユンユン。蛇に関係する下っ端連絡員風味だと思っていたら、本当に下っ端だったのね…。リャンチーから配給(薬)を受ける一方で無理難題を吹っかけられるユンユン。「役立たず」「死ね」と言われて、結局反論できないユンユンですが、それでも頑張ってマリアを人質にとってカナンをおびき寄せると爆弾とカナンを抱きかかえて川へダイブ。落ちた時点で火が消えるんじゃね? と突っ込みたかったけどさ。このピンチ、相手を殺せばそれで終わりだけど、マリアを悲しませたくないとあえて運命を受け入れようとするカナンと、それを察したユンユン、助かった2人に抱きつくマリアと3人の絆が新たに結ばれる良いエピソード。だがしかし、序盤の食事シーンで何気なく、けれども木津千里と薬を飲む、そしてボナーゆえに薬が無ければ生きていけないユンユンの行動は今後注目すべきか。いろんな意味で、バッドエンドフラグしか見えないぜ! そして今週もハッコーさんに癒されました。結構おちゃめな人ですね。そしてあの合鍵を使う機会はあるのか?

CANAAN

企画「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?5」参加記事

 今回もお誘いいただいたので、参加してみます。
 前回同様、対象の中で最終回までキッチリカッチリ見た作品のみをピックアップです。

 冷静に評価してみた結果、ちょっと唖然としましたね。とにかくどれもこれも評価が低すぎて笑っちゃいます。
 一部で低評価の『夏のあらし!』がダントツトップで、後はまぁ…なんだこれ。
 次回もお誘いいただければ、終了作品も多いのでもうちょっと良い評価になりそうな作品が多く出せるかもしれません。

MORE »

週間ネットラジオレビュー(07/26~08/01)

■月曜日
真・ティアーズ・トゥ・ティアラジオ
 今週もみゆきちゲスト。なのに話題は富山観光大使になったまこっつの話題。名塚佳織らと共に選ばれて、本人は満足じゃないでしょうか。無礼講について語る時の「後藤さん元々無礼講」には返す言葉もありませんです。
ねぶら
 吉田真弓2回目。付き合うならどのキャラ、という質問に「ないのはいっぱい」と答えるのは問題ありませんか? わからんでもないけど。事前に配信を聞いていたらしく、先日あった左利きネタトークは「左利きなげぇ」とダメだしとか。それがきっかけで、またしても左利きネタがスタートするから、実に危険であります。

■水曜日
さくらテイルらじお
 自分からメールを読もうかと宣言する風音様は、実に不思議な感覚です。いつもこれが出来ればよいんですがねぇ。

■木曜日
ほめられてのびるらじおPP
 30分パケ撮りが、実は3本目では? と言うのはやはり無かったようです。それはともかく、風音様による若本御大の物まねはまったく似てないな! わかってはいた事だけどな。30分番組ではなかったので、実に久しぶりの2人だけでお送りするほめらじ。おかげで懐かしいと言うより、むしろ新鮮な印象ががが。それよりも「ほめられます」のコーナーが小ネタ集っぽいです。キツチリ課題を与えて2週間後に披露して欲しいです。でも、実際はだれも練習しないんだろうけどな!

 | HOME | 

プロフィール

Mr.K9

Author:Mr.K9
リンク、アンリンクフリー。どちらも気軽にどうぞ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。