スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『境界線上のホライゾン』#01

関西では『Fate/Zero』に引き続いての放送…なんだけど、トータル1時間半説明アニメを見続けるのは辛いです…。というわけで、30分フル回転説明説明説明。どんだけ説明したら気が済むねんと突っ込む気もなくなる勢いです。設定もアレだが、登場キャラ数もえげつないことに。TVアニメの#01としては、いろいろと間違ってたりぶっちぎっていたりするわけで、もう#01にしておなか一杯。Fate同様、1時間あればもうちょっと違ったかもしれない。…ごめん、無理してなんとか前向きに書いてみました。でも限界があります。正直、レビュー書いた理由がFateとセットで説明アニメだったから、でしかなくて、そもそも#02を見るかどうかも怪しいし。一応もうっちょっと本編に触れておくと、多くの時間を割いた先生との追いかけっこは、先の説明台詞が山盛り挿入されているためにスピード感が全く出ていません。それはこの作品に限ったことではないんだけど、追いかける側の生徒同士の会話もやたら入っていて、先生の余裕にはなんとかつながるけれども、必死に追いかける側の生徒を見ているとまるで必死に見えず、本当に目的を達する気があるのかと疑いたくなるぐらい微妙。あぁキツイなぁ。
境界線上のホライゾン
スポンサーサイト

『Fate/Zero』#01

1時間拡大枠での放送…という事で、かつての『Fate/staynight』黒歴史を払拭できるのか? なんだけど、原作ゲームのFateルートに無理からキャスター活躍シーンを追加したアレなドラマ作りだった、と言うか全然話数が足りなかった前回よりも、小説ベースになった分はましになるはず…。と言うわけで、1時間かけてやったのは聖杯戦争の説明。なげーよ。それでも説明しきれていないのがFateクオリティ。通常なら情報に飲み込まれる作りになるのだけれども、1時間と普通の倍の枠があるだけあって、そこまで情報の渦にはならなかったか。でも、初見だと完全にぽかーんだよな。しかも切嗣、時臣、麻婆、ウェイバー、雁夜と初回から群像劇描写バリバリで視聴者はどの視点で物語を追いかければいいのかがわかり難い。わかりやすくしようとすると、#03ぐらいまで視点固定で決戦前夜風味の回想で入れ込むしかないんだけど…作り手も完全知ってる人用アニメと割り切ってるのか。ほんと#03ぐらいまではウェイバー&ライダー視点で描き切ってもよかったんじゃないかな? 結末的には切嗣メインだけど、真主人公はウェイバーだと思ってますのでね…。次回以降、レビューするかは微妙です。
Fate/Zero

2011年度秋アニメ

(土)──『Fate/Zero
(土)──『境界線上のホライゾン
(土)──『灼眼のシャナIII
(土)──『ベン・トー
(土)──『侵略!?イカ娘
(日)──『機動戦士ガンダムAGE
(月)──『僕は友達が少ない
(月)──『WORKING’!!
(月)──『HUNTER×HUNTER
(月)──『C3 -シーキューブ-
(月)──『ラストエグザイル -銀翼のファム-
(火)──『未来日記
(火)──『ましろ色シンフォニー
(火)──『君と僕。
(火)──『UN-GO
(火)──『ギルティクラウン
(水)──『たまゆら ~hitotose~
(木)──『マケン姫っ!
(木)──『ペルソナ4
(木)──『輪るピングドラム
(木)──『アイドルマスター
(金)──『真剣で私に恋しなさい!!
(日)──『青い文学

MORE »

 | HOME | 

プロフィール

Mr.K9

Author:Mr.K9
リンク、アンリンクフリー。どちらも気軽にどうぞ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。