スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【参加】今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10【企画】

 今回も参加のこの企画。
 暇なら続きをどうぞ。

 11/15 【ベストキャラクター賞】に間違いがあったため、修正しました。
けいおん!!
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:5
演出:4
音楽:3
総合的な評価:3

合計点:20
良作画、安定した演出は見事だけど、1期およそ2年間を1クールで描いたのに2期は1年を2クールかけるとか、シリーズ構成としてバランスが悪すぎる。原作未見なので原作通りなのかは不明であるが、どうにも消費末端オタクからいかにお金を巻き上げるかという部分にウェイトが大きすぎない? ストーリー的にも基本普通だけど、演出と音楽で上手く盛り上げている感ありあり。その音楽もキャラソンCDをいかに売るかが見え見えで、上手く使っているけども萎える。『らき☆すた』同様、京アニ効果+角川宣伝で仕掛けられて踊らされるもの程ほどにしてください、オタクのみなさん。


学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
ストーリー:2
キャラクター性:1
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:2

合計点:14
諸君! なぜツルペタキャラがロリッ娘1人しか居ないのか? だからこそのこの点数である。というネタはさておき、内容的にはなんという「俺達の戦いはこれからだ」ですね。肌色面積は正義! という人にはオススメですね。無論パケ版で。


世紀末オカルト学院
ストーリー:4
キャラクター性:5
画:3
演出:5
音楽:3
総合的な評価:5

合計点:25
ついに真価を見せたオカルトノチカラアニメノチカラ。まず残念なところから話すと、作画は特に良くも悪くもない所、OPとED共に記憶にはさして残らない所か。ドラマ面ではオカルトネタを使いつつ千尋へのミスリード、最後の魔法少女対決へのスーパー展開は良い意味で唖然とさせられた。登場キャラ的には、もうJK最強伝説しかない。この伝説とヘタレ文明描写により、最終回での文明覚醒が実に盛り上がったわけで、見事である。文明自身の設定と、彼の覚醒という作品のバックボーンがしっかりしてるからこそ、多少の矛盾やネタ路線に対しても「細けーことはいいんだよっ!」と言い切って楽しめる訳である。細部にこそ魂が宿るとは言うものの、細部にだけ魂入れてもどうしようもないんだよ? という事が良く分かる作品でもあります。


ストライクウィッチーズ2
ストーリー:0
キャラクター性:2
画:3
演出:4
音楽:1
総合的な評価:0

合計点:10
消費末端オタクを喰い散らかした、今期最凶アニメ。ドラマ的にはなんで2期をやったのか意味不明。人類とまったく異なる異性体とのコミュニケーションとディスコミュニケーションといえば、戦闘妖精雪風からエヴァ、マブラヴオルタネイティブと続くハードSFにおける重要なテーマであり、1期ラストでそれを匂わせておきながら完全無視の萌え萌え路線まっしぐら。萌え路線演出は見事だけど、言い換えれば1期萌えリスペクトしか存在しない。しかも最初に規定した新ネウロイの強さは、マッハで1期クラスまで下落。ドル安もびっくりだ。本気で不買運動をしても良いレベル。映画もあるみたいだけど、2期がその前フリになっているようにまったく見えないけど、また特典やポイントカード商法で搾り取るのか?


オオカミさんと七人の仲間たち
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4

合計点:20
今期における、いわばベンチマーク的作品。それより微好評ぐらいかな。1クール作品としてはメインの登場人物が多く、メイン2人+りんごさんだけにもっと絞って描いた方が、より深くドラマを描けたんじゃないかなと。つか、ラストの豚3兄弟が活躍しすぎで銀行メンバーが霞んじゃうし。けれど、話数制約の中ではかなりがんばってそれなりのオチまで持っていった構成は、評価すべきでしょう。せめてこのぐらいの流れをどの作品も維持していただけると、ありがたいのですが……。


会長はメイド様!
ストーリー:2
キャラクター性:5
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4

合計点:21
努力する女と、けれど決して超えられない男という学園物少女漫画テンプレ的作品。お約束の学園テンプレにメイドカフェでのバイトという二重生活構成にする事で、完璧超人として崇拝される学校と、仕事は出来るけど周囲の年長者から見守られるバイト先という異なる立ち位置を自然に描ける設定は、非常によく考えられている。キャラデザ、演技も可愛さが若干似合わない風味に仕立て上げているあたり、会長という作品にマッチしている。全体として楽しめる作りではあるが、最終回を迎えても会長の相方である碓氷本人のドラマが描かれなかったのが消化不良。原作の都合、または尺の都合上バッサリ切ったのかもしれないけど。


祝福のカンパネラ
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4

合計点:22
美少女ゲーム原作で多くのヒロイン候補を用意しておきながら、最後まで恋愛面での発展をなくしてアニエス設定のドラマと、世界観を合わせたルートに絞った割り切りの良い作りは、美少女ゲーム原作アニメの多くが見習って欲しいところ。実はとっても妙齢なチェルシーさんネタとか、完全にスルーですし。おかげでコメディタッチの前半からシリアスな後半へと切り替える部分がしっかり作られたわけで、語りきれそうにない箇所は最初からなかった事ぐらいにカットする方が潔い。あと結構お風呂サービスシーンが多いですが、BD版の3D対応おまけが激しく気になります…。


みつどもえ
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:5
総合的な評価:3

合計点:19
#01の「チクビ」連呼で吹いた、『生徒会役員共』と並ぶ今期2大下ネタアニメ。ギャグアニメとして普通に楽しめる作りではあるが、中盤以降はみつばの災難を含めオチとなる方法論が固定されてしまい、もうちょっとバリエーションが欲しかったところ。ちなみに音楽の点数が高いのは、あの癒しED効果以外の何者でもない。


生徒会役員共
ストーリー:2
キャラクター性:2
画:3
演出:3
音楽:2
総合的な評価:3

合計点:15
関西におけるこの作品最大の不幸は、2日前の土曜日に、先に『みつどもえ』が放送されてしまう事である。そんなわけで、本来はもうちょっと面白く感じたはずだろうけど、結果点数が辛くなるのは仕方がない。途中から畑さんとスズヘッドを探す事が生きがいだったし。そもそもこの作品、単に会長の中の人に下ネタを言わせたかっただけじゃないのか? とどうしても穿った見方をしてしまう。


あそびにいくヨ!
ストーリー:1
キャラクター性:1
画:2
演出:2
音楽:4
総合的な評価:2

合計点:12
最終回まで毎回レビューした割に、大変点数が低いですね。OPとEDの完成度が高かったので音楽は高めだけど、あとはどれも残念。作画的には、若干エリスが安定しない。猫耳がなければ没個性なヒロイン系タッチなので、描きにくかったのかもしれないけど。ま、途中からエリスは完全空気キャラ化してしまったのだから、これはこれで正しい作画なんだろうな、きっと。本筋的には途中からもうアオイ&真奈美の、どろどろ恋愛ドラマでいいよと本気で願ったぐらいですし。一応ドラマにも触れると、悪い意味での1クール物の悪弊が出てます。つまりオチがないって事で。




【ベストキャラクター賞】内田文明(『世紀末オカルト学院』)
 延々と描き続けたヘタレから、最終回の覚醒まで物語と密着した、実にスタンダードな主人公。ドMヘタレっぷりが目立つけど、そこを上手くラストまで引っ張った演出の勝利とも言える。だいちゅうのヘタレ演技も加わり、本当に良いキャラになったものです。

【ベストOP賞】該当無し
 あえて選ぶなら『あそびにいくヨ!』のOPなんだろうけど、選択方法が「最初から消去法」によるベターな結果によるところなので、ベストという意味にならないので該当無し。少なくともOP飛ばしせずにちゃんと見たい、と思わせるレベルには達していないと選べません。

【ベストED賞】夢色の恋(『みつどもえ』)
 本編がどれほど悪ノリしても、完全に癒してくれる最高のEDですよね~。一歩間違えば、作品の雰囲気とまったくあってないとして「消し」に入るギリギリラインでもあるけど、そこを踏みとどまった良EDってことで。

【ベスト声優賞・男性】水島大宙
 一発変換できないだいちゅうは、入力するのが面倒くさいな。ベストキャラで文明を選んだ時点で、もうこの位置は決定済みなんだけど。個人的には『瀬戸の花嫁』あたりでアニメ的に大きくブレイクしたはずなんだけど、『コードギアスR2』で新人と勘違いされたとかって噂も聞いたので、改めて選んでみる。

【ベスト声優賞・女性】該当者なし
 2期続けて該当者なし。つーか、『けいおん!!』+『しゅごキャラ!』メイン女性キャストにスフィアを足せば、ほとんどの深夜新作アニメ作品ヒロインに行き着いてしまうような。特に伊藤かな恵、日笠陽子、竹達彩菜は少し自重したらと言いたくなる。事務所的に短期売り抜けか? この付近の女性役者は現在ドングリの背比べで、なかなか抜け出せない状態。だからベストは無論、ベターも選びにくい。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kachiani.blog121.fc2.com/tb.php/408-5a5400d6

«  | HOME |  »

プロフィール

Mr.K9

Author:Mr.K9
リンク、アンリンクフリー。どちらも気軽にどうぞ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。