スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?4」に乗っかる。

 お誘いいただいたので、やってみる事にした。
 説明については企画先をご覧ください。

 『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人:☆企画「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?4」

 というわけで、対象の中で最終回までキッチリカッチリ見た作品のみをピックアップ。
 あ、先に書いておくと分割2クールがすでに確定している『WHITE ALBUM』は、勝手ながら対象外としました。
■『とらドラ!
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:5
演出:3
音楽:4
総合的な評価:5

総合点:25
後半の展開速度が速すぎ&突っ込みどころ満載の伏線に唖然とする事も多少あり。演出は凝っているけど少々クドイですな。キャラ的にも亜美やまるおをもうちょっと使えたんじゃないかなと。その割りに総合的な評価が高いのは、作品のもつポテンシャルの高さが光っていたからですね。


■『とある魔術の禁書目録
ストーリー:0
キャラクター性:1
画:5
演出:1
音楽:2
総合的な評価:1

総合点:10
いろんな意味で突っ込みどころ満載なのにシリアス展開なので白けることばっかり。戦闘中で説明台詞全開とか、何を考えてんだか。シスター、ビリビリ共にヒロインは早い段階で放置プレイ。せっかくの高作画クオリティもドブに捨てているようなもの。レールガンでは少しはマシになるのだろうか……。


■『CLANNAD AFTER STORY
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:5
演出:3
音楽:4
総合的な評価:2

総合点:20
Key原作伝統のパターンというか、これしかない訳ですが。さすがの京アニクオリティで絵や音楽の出来は素晴らしいけど。AVG系美少女ゲームとして人生を描くというのは意味があったけど、TV媒体だと特に珍しいわけでもないので微妙。


■『鉄のラインバレル
ストーリー:2
キャラクター性:1
画:3
演出:3
音楽:2
総合的な評価:4

総合点:15
ストーリーや演出、音楽は特に語る事はなし。マキナ戦闘シーンはCGらしい軽々しさが出てアレな具合。ただしトータルで見ると、ネタも含めてなぜか見れてしまうミラクル! ところでルル山機関側のファクターは、まったく活躍しませんでしたね。


■『機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン
ストーリー:2
キャラクター性:2
画:5
演出:3
音楽:3
総合的な評価:2

総合点:17
お金が掛かっているだけあって、作画はよく出来ています。まぁそれぐらいしか評価するところが無いんですが。SFスキーとしてはさまざまなガジェットは好感をもてますけど、じゃあそれが面白さに繋がったかっていうと、そんな事はまったくないわけで。世界の歪みを1個人に帰結せざる負えないストーリーは、さすがに無理があります。


■『RIDEBACK -ライドバック-
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:3

総合点:22
前半と後半ではまるで違った作品に様変わり。中途半端といえばそれまでですが。個人的には大変楽しめたものの、お世辞にも人に進められないというか、好き物のためのコアな一品としか言えませぬ。


■『まりあ†ほりっく
ストーリー:1
キャラクター性:5
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:2

総合点:17
新房×シャフト映像と演出を楽しめ! という事なんだけど、さすがにこのコンビによる物作りは飽きてきた。ゆえにこの評価。ギャグとしても少々スベリ気味な上にストーリーはまったく中途で終わってしまうので、何のためにアニメ化したのか良くわかりません。


■『みなみけ おかえり
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3

総合点:19
全体的なバランスは悪くないものの、3期目までするほどの作品ではないでしょう。保坂先輩の変態っぷりが少ない印象を受け、従来よりも悪い意味でデトックスされてしまいました。さすがに4期は無いだろうから、中の人の人気でそれなりに売れるんだろうけど、冷静に考えたら普通。普通って言うなっ!


■『キャシャーン Sins
ストーリー:5
キャラクター性:2
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:3

総合点:21
ひたすらディープなテーマを追いかけ続けてきた作品。戦闘演出も迫力があり、肉弾戦は圧巻。ただしディープすぎて見る人を選ぶか。あと、このテーマを描く上でキャシャーンというタイトルである必要があったのか? という点でキャラクター性は低め設定で。


■『ソウルイーター
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5

総合点:26
オリジナル展開となったラストのドラマがアレだったので、トータルで普通ってことで。ただしその他の点ではハイクオリティをハイバランスで実現しており、深読みせずにただただ映像と音楽に身をゆだねていればそれだけで楽しめてしまうあたり、老若男女問わず勧められる良作と言える。



作品評価は以上。ついでに以下も記述。

【ベストキャラクター賞】エクスカリバー(『ソウルイーター』)
 まさに子安、まさにウザイ。満を持して表舞台に出てきたけど、何もしないと、最高すぎますな。

【ベストOP賞】RIDEBACK(『RIDEBACK -ライドバック-』)
 作品世界をシンプルに見せた音と映像は、素晴らしい。

【ベストED賞】TORCH(『CLANNAD AFTER STORY』)
 終わりらへんで追加された、風子の動きがツボに入りました。

【ベスト声優賞・男性】小山力也
 あの死神様(『ソウルイーター』)を聞くと岡倉(『RIDEBACK -ライドバック-』)と同じ人とは思えません。

【ベスト声優賞・女性】堀江由衣
 正直好きな役者じゃなかったけど、櫛枝実乃梨役(『とらドラ!』)で認識を改めさせられました。
スポンサーサイト

Comment

[9]

こんばんは、このたびはお忙しい中、当ブログの企画に参加して頂きありがとうございます。


この企画は今後も続けていくつもりですので、よろしければまた参加してくださいませ。

なお、中間集計発表(投票の締め切りは5月一杯を予定)は、本日夜11時放送のネットラジオで行う予定ですので、お時間がございましたら聴いて頂けると嬉しいです。

それでは、今後とも色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

[10]

集計、お疲れ様です。
おもしろそうな企画なので、また続くようであれば参加の方向で考えております。
また、ヨロシクお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kachiani.blog121.fc2.com/tb.php/95-3f476f99

«  | HOME |  »

プロフィール

Mr.K9

Author:Mr.K9
リンク、アンリンクフリー。どちらも気軽にどうぞ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。